ホリスティック医療のアロマテラピー1 

ホリスティック医療のためのアロマテラピー
Pocket

 

「他者」に役立つアロマテラピー

*旧「ホリステック医療におけるアロマテラピー 〜はじめの一歩〜」を改名致しました。

医学と医療 違いを考えたことがありますか?

現代日本は西洋医学が中心ですが、その西洋医学だけで、日本が抱えるさまざまな医療の問題が解決するわけではありません。ホリスティックな医療とは、西洋医学を否定することなく、西洋医学を含めたさまざまな治療法から、その人にあったものを選び、統合していく考え方。さらに、病気に対して「治すこと」とともに「癒すこと」を考えるのが、ホリスティック的考え方でもあります。そうすれば、弱い存在の患者さんが大切にされる医療ができそうですね。

さまざまな方法の中でも、とりわけ注目されているのがアロマテラピーです。「香りの力」「と「タッチングの力」は、「癒すこと」に大きな力を発揮するからです。

この講座では、ホリスティックなアロマテラピーの「はじめの一歩」を学びます。ホリスティック医療の定義とは次の通りです。

  • ホリスティック(全的)な、健康観に立脚する
  • 自然治癒力を癒しの原点に置く
  • 患者が自ら癒し、治療者は援助する
  • 様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う
  • 病の深い意味に気づき自己実現を目指す。    『ホリスティック医学協会』より

定義を読み解きながら、「自分のためだけに楽しむアロマテラピー」から「他者に役立つアロマテラピー」について考えていきます。

アロマテラピーの安全性と有効性

「自分のためのアロマテラピー」から「他者に役立つアロマテラピー」にシフトした場合、その安全性については一層注意しなければいけません。いくら役に立つものでも、それが危険を伴うものだったら・・・「知らなかった」では済まされません。

アロマテラピーの安全性と有効性をバランスよく考えることは、アロマテラピーに関わる人間にとって必須です。安全性について、きちんと説明できる専門家になりましょう。

 

◎久保田先生からのメッセージ

あなたがアロマテラピーに最初に出会ったのはいつですか?その魅力に気づいたのはいつですか?なぜ今でもあなたのそばにはアロマテラピーがあるのでしょうか?

今の日本には、さまざまな形のアロマテラピーが存在しています。アロマテラピーという言葉は共通でも、自分が思い描くアロマテラピーとの違いに愕然とすることもあります。

私は、薬剤師の仕事を続ける中で次第に薬の限界に気づき、ホリスティック医療を学び始めました。薬以外の力も借りたいと探していたときに出会ったのがアロマテラピーです。たちまち魅了されました。これほどまでに素晴らしい代替療法はない、と思ったからです。

それから10数年たち、私のその思いは一層大きく、ホリスティックアロマテラピーは私のライフワークになりました。
このように、「私のアロマテラピーは〇〇をめざす」という立ち位置が決まると楽ですね。そうすれば、おのずと自分ができること、したいことが明らかになってきます。

一人一人の立ち位置を探すのがこの講座です。私たちが手にしたアロマテラピーの知識と技術は、多くの方に役立つものですよ。それを活用せずに終わらせるのは、もったいない!ともに、考え合って、話し合って、これからの道を探っていきましょう。

例えばこのような方に
  • アロマテラピー初心者の方
  • 「アロマテラピーを学んだのはいいけれど、この先、どうしたらいいかよくわからない・・・」と不安な方
  • アロマテラピーを学び、活躍中の方
  • ホリスティックな医療に魅力を感じている方
  • 「ホリスティックアロマテラピー」という言葉が気になる方

ホリスティック医療のアロマテラピー2はこちらから

 

日程 2018年

  • 1月期木曜 全1回 1/18(木)13:30-16:00 第2教室
  • 3月期土曜 全1回 3/3(土)10:00-12:30 第2教室
申込 ホリスティック医療 >>
講師 久保田泉
対象 どなたでも受講していただけます(妊娠中の方はご遠慮ください)
回数 全1回 2.5時間
費用 受講料6,480円
持ち物 筆記用具、ルームシューズ (スリッパ、靴下、裸足は不可)
その他  キャンセル規定など受講規則をご確認のうえお申込みください。

 

 

関連記事

  1. ホリスティックアロマテラピーの集い

    ホリスティックアロマテラピーの集い

  2. ホリスティック医療でアロマテラピーを深める講座

    ホリスティック医療のアロマテラピー2 

  3. ホリスティックヘルス塾

    ホリスティックヘルス塾 基礎講座