ハイブリッド占星術

Pocket

占わない占星術。実際の天体配置が社会や人の身体や思考に及ぼす影響をとらえるのための占星術活用法。

 

通常の占星術は「ジオセントリック占星術」という地球上の人間の個体を中心とした占星術です。一方、太陽系の唯一の恒星である太陽を中心とした占星術として「ヘリオセントリック占星術」があります。

「ハイブリッド占星術」は、ジオセントリック占星術とヘリオセントリック占星術の両方を組み合わせることにより、視野を広げた、幅広い解釈を行います。「ハイブリッド占星術」を使うと、ジオセントリック占星術にありがちな苦手意識や先入観をなくした、別の見方ができるようになります。

「ハイブリッド占星術」は占いではありません。ジオセントリックは地上から見た、ヘリオセントリックは太陽から見た、実際の天体配置をもとにしたホロスコープを用います。実際の天体配置が社会や人の身体や思考に及ぼす影響をとらえていきます。

 

物を見る姿勢や視点を転換する、実用のためのホロスコープリーディングです。

「ハイブリッド占星術」を学ぶことにより、物を見る姿勢や視点が変わることで、社会の多種多様な価値観の中で自分を見失ったり、周囲や環境に振り回されたりしなくなることを目指します。自分の中にある思い込みがはずれていき、自分の軸がしっかりしてきます。自分の軸がしっかりしてくると、実生活において次のようなことも可能になります。

・自己肯定感向上に活かせる…多様な価値観を受け入れることで自分の中の枠が外れるので、自分を認めることができるようになる
・人間関係に活かせる…一方的な解釈や思い込みが減り、相手への信頼が生まれることで相互の関係性がよくなる
・仕事に活かせる…広い視野から問題を捉えられるようになり的確な解決策が見いだせるようになる

「ハイブリッド占星術」で自分らしく、幸せで、満たされた毎日への一歩を踏み出してください。

 

<ハイブリッド占星術1 テーマ:ジオセントリックとヘリオセントリックの違い>

太陽系の天体を地球中心で見るか、太陽中心で見るときの違いを解説します。
内惑星である、水星・金星もジオセントリックとヘリオセントリックでは位置が大きくが異なります。
そして最も大きな違いは月です。月は感情や肉体と密接に関係します。その月をヘリオセントリックでは月を考慮しません。ジオセントリックとヘリオセントリックの解釈の違いをそこから探ります。

<ハイブリッド占星術2 テーマ:地球星座について>

ヘリオセントリック占星術の特徴の一つである地球星座について解説します。
地球星座は太陽星座の正反対に位置する星座です。
太陽星座が牡羊座なら地球星座は天秤座、太陽星座が牡牛座なら地球星座は蠍座という具合になります。
この地球星座の理解することで意識の転換が促されます。

 

日程 2020年

<ハイブリッド占星術1 テーマ:ジオセントリック占星術とヘリオセントリック占星術の違い>

  • 2月期水曜 2/12(水) 10:00-12:30   A教室

 

<ハイブリッド占星術2 テーマ:地球星座について>

  • 2月期水曜 2/12(水) 13:30-16:00   A教室

 

※受講条件が占星術の基礎知識をお持ちの方に変更となりました。(2020.1.17)

占星術が初めての方は下記の2クラス修了後の受講をおすすめしています。
未来を創る星の学び -10天体- 2/5(水)    リクエスト開催受付中
未来を創る星の学び -12星座- 2/5(水)    リクエスト開催受付中

あわせてどうぞ…
「ハイブリッド占星術」旬のレッスン 1/31(金)、2/19(水)

申込 占星術 マザーズオフィス >>
講師 佐藤恵美子
対象 占星術の基礎知識をお持ちの方
回数 全1回 2.5時間
費用 受講料 8,800円(税込、事前のお振込み)
持ち物
  • 筆記用具
  • 室内履き
その他 キャンセル規定など受講規則をご確認のうえお申込みください。

 

講師プロフィール 佐藤恵美子(さとうえみこ)
お茶の水女子大学 文教育学部 中国文学・中国語学専攻卒業後、IT企業で勤務。現在、自宅サロン「水の香 星の音」を中心に介護施設やスポーツ施設でのトリートメントを実施。毎週土曜日に松が丘鍼灸指圧治療室でのアロマトリートメントを担当。AEAJ認定アロマセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、AEAJ認定アロマブレンドデザイナー、マザーズオフィス認定リズミカルボディ®セラピスト

ブログ:香りと星の恵みを活かす~『水の香 星の音』便り

 

◎月を考慮すること、しないこと。それぞれの意味について。

ジオセントリック占星術とヘリオセントリック占星術の大きな違いは、月を考慮するかしないかです。

ヘリオセントリック占星術は、揺れる月の要素がなくなります。月がもたら感情の揺れや、気分のゆらぎがなくなるということは、ときには人をとらえる重さや困惑から解放されるということを意味するかもしれません。

だからといって、月を抱えたジオセントリック占星術が不要なものとはなりません。

月の気分は、重たいものだけではありません。軽いもの、明るいもの、楽しいもの。ときめきも輝きも、月があってこそです。何より、私たちの身体は月と連動しています。身体が、肉体があるからこそ、感性が働きます。五感の愉しみがあります。

私たちが肉体を持ってこの世に生まれ落ちたのは、身体で感じることのできるものを味わうためでもあります。感性を育んで、感情を味わっていく。つらいという思い(重い)に引きずられることなく、軽やかに柔らかく生き(意+気・息)ていく。

ジオセントリック占星術とヘリオセントリック占星術を組み合わせたハイブリッド占星術がそれを可能にしてくれます。

<受講生の感想>

受講生のみなさまからの感想の一部をご紹介します。

◎受講動機は、かなりオリジナリティを感じて、ここでしか学べないと思ったからです。地上に縛られていてつらいなと思ったら、ヘリオセントリック的な意識にフォーカスすると楽になり、新たな視点で生きられると思いました。

◎印象に残ったのは「自己実現に役立てる」、「偏らない視点」など。ヘリオセントリックに興味があり、受講しました。ハイブリッド占星術の視点での見方ができるようになりたいと思っています。興味深いので、続けて受講したいです。

◎地球星座としての惑星と、太陽星座としての惑星の考え方とのとらえ方の違いについて理解が深まりました。
ホロスコープの見方がかわるような気がします。
より多方面に拡張できるようで面白いです。

◎仕事に活かせたらいいなと思い、受講しました。「願えば叶う。」「変われないときはまだ準備ができていないときである。」といった言葉が印象に残りました。知ることで楽しくなりもっと深く学びたくなりました。

関連記事

  1. 未来を創る星の学び -土星-

  2. 未来を創る星の学び -2020年前半の星模様-

  3. サビアンシンボルと占星術

  4. 海外旅行で開くあなたの金星

    海外旅行で開くあなたの金星

  5. 未来を創る星の学び -10天体-

  6. 「ハイブリッド占星術」旬のレッスン