ミミズからはじまる大切な腸のはなし  〜脳・免疫・皮膚・心との繋がりを知る〜

Pocket

現代社会の代表的な不調と「腸」の関係を見つめる

 

ミミズのように脳を持たない生物は腸が様々な判断をしています。人間の腸も「脳腸相関」=脳と密接な関係性があると言われとていますが、それだけではなく免疫・皮膚・心とも関係しています。

「腸」の不調といえば、消化不良や便秘、軟便、下痢などが代表的ですが、実は、ここ数十年で増加している花粉症をはじめとするアレルギーやアトピー性皮膚炎、認知症、うつ病、コロナ禍でも重要な免疫系と関連していると言われています。

腸を健やかにしていく食や自然療法とともに消化吸収、排泄だけじゃない!わかっているようで、わかっていない大切な腸のお話しです。

講座内容

  1. 脳を持たないミミズが教えてくれる腸の素晴らしさ まずは大腸、小腸の大切な働きと特徴を知ろう!腸の構造 / 腸内環境
  2. 腸と脳・免疫・皮膚・心との密接な関係性    「脳腸相関」脳と腸の深い関係 / 体内に取り込むへの入り口は口ではなく「小腸」=体の防衛線 / 「皮膚」は腸の鏡 アレルギー、アトピー性皮膚炎  / 心 不安とうつと腸内環境
  3. 納豆、漬物、ヨーグルトを食べていれば腸は整うのか?腸内環境のはなし    腸内細菌が喜ぶ食品  / 「食物繊維」が現在社会の救世主 / 何を食べるかではなく、どう食べるか肝心 / 毎日の便のサインを見逃さない
  4. 腸を労わり養う手当  など

安達章子先生からのメッセージ

かの有名な生物学者ダーウィンは、死の直前までミミズに関する研究をしていたと言われています。ミミズは脳を持たない生物で、腸しかありません。そして地中で黙々と泥を食べ、腸で消化して、フンをだしますが、ミミズの腸内には無数の腸内細菌がすんでいて、土壌のさまざまな有害物質を有益なものに変えてくれています。

ミミズの住む土地は肥えた土地た言われますが、そんな土地で育った作物は、私たちの体に取り入れた時、免疫力を高めてくれて生きる力を与えてくれます。

そう考えるとミミズは地球の自然を守り、私達の健康をも支えてくれる素晴らしい功労者だと思いませんか?

そんなことから「ミミズからはじまる大切な腸の話し」を新講座として開講します。今、1番必要な免疫力のことだけでなく、アレルギー、がん、心の問題、脳の問題etc…あらゆる問題に関わる大切な腸のはなしです。是非ご参加ください!

あ、愛すべきミミズちゃんですが、実物は登場しませんので、苦手な方もどうぞ安心してご参加くださいね。笑。お待ちしています。

◉例えばこのような方に

  • 自分を内側から整えたい方
  • 子育て中の方
  • 自分自身をより良く変化させたい方 など

◉関連記事 自然療法ブログより

講師 安達 章子(初代日本昆布協会*昆布大使)
対象 女性を対象にしたクラスです。
回数 全1回 2.5時間
費用 受講料 8,800円
その他

◉関連クラス わたしを作る「食」のはなしもおすすめです。

【オンラインクラス】

日程 2022年

申込 【オンライン】ミミズからはじまる大切な腸のはなし >>

自動返信メールが不着の場合にはこちらをご覧ください。

テキスト
  • 受講料をお振込後、開催の1週間前を目処にテキスト(PDF)を送信いたします。必要な方はご自身で印刷してください。
  • テキスト送信後のキャンセルには応じません。
締切
  • 開講日の1営業日前の13時までにお申し込み&お振込をお願いします。
  • 当日のお申し込みは受付いたしません。
ご確認
  • 受講料のお振込を確認後にZOOM IDおよびパスワードをメールにてお送りいたします。
  • 講義内容の録音録画はお断りいたします。
  • 講義内容の録音録画データの配布はございません。
  • 当日のキャンセルはできません。
ご用意
  • 事前に無料ZOOMアプリをインストールしてお待ちください。
  • クラス参加のためのパソコン、タブレット、ネット環境はご自身でご用意ください。

関連記事

  1. ビックバンからはじまる 最強!ストレスケアのはなし 〜脳内ホ…

  2. これからは私らしく生きる!更年期【オンラインクラス】