ロングストローククラス

ロングストローク
Pocket

 

オイルマッサージに役立つロングストローク

シンブルなのに身体をまとめる力を大きいです。

ロングストロークは全身をひとつのストロークでつなげる技術です。 受け手は〝体はひとつ〟というメッセージを受けとることで深いリラクセーションを体験します。 クラスではロングストロークを使いこなすために、触れ方、身体の使い方、ステップなどを学びます。

日程 2019年

申込 オイルマッサージ&ロングストローク >>
講師 中安一成
対象
  • 女性を対象としたクラスです。
  • オイルマッサージ経験者の方。
回数 全1回 10:00-16:00 5時間
費用 受講料 15,120円(税込)
服装 動きやすい服装でご参加ください。
持ち物
  • シーツ(フラットシーツ、バスタオルなど代用は不可です)
  • 大判バスタオル3枚、フェイスタオル3枚
  • 室内ばき、ビニール袋(小、濡れたタオル持ち帰り用)、筆記用具
その他

講師プロフィール 中安一成(なかやす かずなり)
1980年代半ばよりマッサージ、ボディワークのセッション、教育に携わってきました。現在は自然療法学校マザーズオフィスでいくつかのクラスを担当しています。ロングストロークはひと筆書きのように、身体をひとつのストローク(軽擦法)でまとめる方法です。シンプルですがとても強力なワークです。身体にとってひとつになるという体験は深いリラクセーションへと繋がります。みなさんのマッサージに取り入れることでセッションそのものを厚みを増すことができます。
主な資格 鍼灸マッサージ師、エサレンマッサージプラクティショナー、レイキマスター、AEAJ認定アロマセラピスト、サイキックマッサージセッションギバー、アクセスバーズファシリテーター、アクセスフェイスリフトファシリテーター

オイルマッサージ

 

ロングストロークを効果的に

身体をひとつにまとめるロングストロークには、予想以上のリラクセーション効果があります。身体は触れられることで、自分の形、つながり、柔らかさ、そしてひとつであることを思い出します。その感覚は全身へ広がり、心にも伝わります。クラスではロングストロークを効果的に行う方法をお伝えしますが、ここでもいくつかご紹介します。

その1 ロングストロークは端から端まで
ロングストロークは手足など身体の端(末端)から始めて、もうひとつの端まで連続して行います。途中で止めてしまうと全体性が損なわれてしまいます。ロングストロークは端から端まで行うことで効果が生まれます。

その2 安定したステップ
ロングストロークは移動を伴う技術です。しかも身体に触れたままです。そのためロングストロークには安定したステップが必要です。柔らかな手で身体の形に添いながら、同時に安定した圧を加えることになります。クラスでは歩み足と送り足という二つのステップを学ぶことで安定したステップを生み出します。

その3 身体に合わせた変化のあるストローク
ロングストロークにとって安定感が必要であっても、それが一本調子であっては退屈なものになってしまいます。身体には形の変化があり、呼吸という動きもあります。ロングストロークもそれに応じてさまざまに変化します。そのためには受け手の身体を感じることが大切です。身体から伝わってくる動きや変化に意識を向けることで、それに応じたストロークの変化、緩急が生まれてきます。

ロングストロークの魅力は自由であることです。ステップを使いこなすことで、これまでのトリートメンの枠を超えた自由な感覚が広がります。みなさんの普段のトリートメントにロングストロークを取り入れて、ロングストロークの自由な感覚、開放感を楽しんでください。

 

 

 

 

関連記事

  1. オイルマッサージ

    オイルマッサージクラス & ロングストローク

  2. オイルマッサージ サイド

    オイルマッサージ サイドワーク